【ホームメイトFC 新道東店・元町店・円山店】

株式会社エフズライフ

新着お知らせ

その他

2018.08.04

あまんぞ【ホームメイト元町店】

はーい

 

 

 

 

こんぬつわ

 

ワースです。

 

前回意外と反響のありました洗車の件

 

 

意外とみなさん洗車について興味がおありのようで!

 

 

ウッシッシ

 

 

 

そんなわけで今回はお車の肌調整をご紹介

 

 

肌調整とは

 

まず塗装の知識として、以下をどうぞ

 

 

塗装は主に3つの構造から成り立っています。

「上塗り」
「中塗り」
「下塗り」
 

 

カーケアでは外側の上塗りを守ることになります。


塗装の厚みは約100ミクロン(ナノメートル)前後 塗装は「約100ミクロン前後の厚み」をもっています。
近年の塗料は進化しており、より薄くなってきています。

1ミクロンは0.001ミリなので、ミリで換算すると塗装は約0.1ミリ前後ということになります。

ちなみにご家庭で良く使用するサランラップは10ミクロン〜20ミクロン程です。


サランラップを5〜10枚重ねると塗装の厚みと同じくらいになります。

 

 

 

ふむふむ~

 

 

まーめっちゃ薄いってことね!

 

 

 

そんな薄い塗装ですが、これを削ります。

 

もちろんクリア層となる上塗りだけをごくうすーーーーく削るのです。

 

 

 

 

それがポリッシングというものなのですが、

 

 

いきなりポリッシングはしません。

 

 

第一に行うべきは鉄粉取りです。


鉄粉とは、車でいえばブレーキダスト。

 

ブレーキをかけることにより鉄と鉄が擦れ合います。

 

その際微細ながらも鉄がミクロ単位で飛び散ります。

 

とんだ鉄粉が走っている車にぶつかると、なんとこれが塗装に刺さります。

 

そんなミクロ物体、なんてことないじゃん?

 

とか思いますよね。

 

ですがこれが厄介。

 

その鉄粉は酸化することにより錆びます。

 

すると塗装を炒めてしまう原因となります。

 

初めはミクロ単位でも、酸化していくことにより堆積が増え、さらに汚れを吸着し、奴らは目で見えるほどの大きさに変わるのです。

 

それがコレ

 

画像


ご自身のお車をよーくみてみるとこんなものが見えてくるかもしれません。

 

それが塗装に刺さった鉄粉が錆びたヤーツです。

 

ほっとけばほっとくほど塗装内部にまで侵食し、素地まで届くと車の鉄板にまでサビを食らわせ、そして最後にはボロボロと穴のあいたお車に変わります。


おっそろしい。


そいつらをとってやろう!ってことなんですが、コイツラ普通の洗車じゃあまず落ちません。

そこでコレっとしたいところですが、文字数制限に引っかかりました!


詳しくはwebデってことで!

公開をおまちくだされ



記事一覧へ